カーテンで部屋の印象をがらっと変えられる

窓際のインテリアとなるカーテン、それにも色んな種類があり、多用な窓際の装飾はさまざまです。そんな窓を彩るカーテンのメリットデメリット、そしてそのデメリットを魅力に変える!そんなテクニックなどカーテンの耳寄りな知識についてご紹介いたします。

カーテン?ブラインド?ロールスクリーン?

カーテンの種類

インテリアの中でも重要なものとなっているカーテン、それだけではなく窓際装飾はさまざまなものがあり、その中でどんなものがいいか、と悩むのもまた楽しみです。
遮光性、デザイン、形状などさまざまな条件から選ばれる窓際のインテリア、おしゃれだけではなく実用性も必要なので、選ぶ時はどれがいいかなど迷ってしまいます。
窓際の装飾はメジャーなもので三つあり、ブラインド、ロールスクリーン、カーテンの三つにわけられます。
この三つが窓際の装飾で選ばれやすいものとのなっており、これらは誰でも見た事がある、そんなものとなっています。
ではこの三つはどんな違いがあり、またデメリットやメリットはどう違うのか?これについてご紹介いたします。

ロールスクリーン

ロールスクリーンはコードをつかって巻き上げるようなタイプのものとなっており、家庭で使われているところは結構少なくなっています。
どちらかと言えばお店やコンサート会場、イベント会場などで使われているイメージが多くなっており、家庭に持ち込むのはほんの一握りとなっています。
そんなロールスクリーンのメリットは巻き上げた場合、非常にコンパクトになります。
全部巻き上げた場合ロールスクリーンは10センチ程度におさまるものとなっており、そのため目立ちにくくコンパクトとなっています。
窓際の装飾があまりコンセプトに合わない、また普段ずっとだしているわけではなく、何かのときに部屋をわける程度でしか使わない、そんな時はこのロールスクリーンが便利となっており、使うときはさっとコードを使うだけ、普段はずっと天井らへんでコンパクトに収納されている、そんな便利なものとなっています。
他にも幅の小さな窓に最適で、ちょっとした目隠し等にも使えたりと非常に便利、コンパクトで目隠し程度に使いたい場合はとても便利になっています。
またロールスクリーンは一枚絵をそのまま柄として使用できるものなので、イラストをプリントされたものもよく販売されています。
個性的なインテリアとしても利用されやすくなっており、また窓際のインテリアとしても下のほうから少しだけ日光を差し込ませたいなど、細かい調整もきくメリットがあります。
しかしスクリーンということでしっかり固定されすぎており、スクリーンの左右から光がもれやすいというデメリットもあります。また遮音性にかんしても劣る部分が多いのでそれぞれの機能性をより重視したい場合はロールスクリーンはあまりおすすめできないものとなっています。
インテリア重視の方に特におすすめとなっている、機能性よりもインテリアが重視、そんな方におすすめしたいものとなっています。

ブラインド

ブラインドはよくオフィスにある形状となっており、非常に通気性がいいのがメリットです。
しかし簾のようにずっと遮光しているわけではなく、角度調整で光の差し込みも調整が可能、またオフィスや洋室のイメージが強いかもしれませんが、和室にもあうということで重宝されています。
カーテンはどうしても洋室に似合いやすいもの、和室にもよく似合うブラインドはインテリアとしても優秀です。
光や外からの視線を遮りながら、通気性は守る、そんな空間におすすめの窓際インテリアとなっています。
デメリットは遮光性、遮音性はやはり布に比べて随分低いというところです。
また洗濯ができるわけではなく、埃がたまりやすいこのブラインドは手入れも少々面倒に感じるかもしれないです。
専用のブラシで一枚一枚丁寧に埃を払い落とす作業が必要なので、掃除が面倒という方にはおすすめできないものとなっています。

カーテン

最後にカーテン、これは一番家庭でも使われているメジャーなものとなっています。
誰でも家にあるカーテン、これはやはり材質や加工によって遮光性遮音性目隠しも、いずれも十分役割を果たせるというところがいいところです。
UVカット断熱などこだわっていけばたくさんのバリエーションを見つけることができます。
メンテナンスも簡単で洗濯がそのままできてしまうというところもポイントとなっています。
取り付け取り外しも簡単、同じサイズのカーテンなら模様替えと一緒にカーテンも移動させて、違う部屋に取り付けも簡単に済ませられるというのがポイントです。
そしてニーズもあるので種類は豊富、各インテリアショップ特有のデザインがありますので、発掘も楽しく通販でもたくさんの種類のカーテンをみることができます。

デメリットはカーテンはあまり収納性がよくないので、窓や部屋全体を狭く感じさせてしまうことがあります。
また布という材質上、水回りのカーテンはどうしてもカビの繁殖を手伝ってしまったり、また風の通りも遮りがちなので少々水場付近にはむいていない印象もあります。
シンプルデザインにもなりづらいので、スタイリッシュなインテリアをお求めの方はカーテンではなくロールスクリーンを選ぶ傾向もあります。

これら窓際のインテリアもそれぞれとなっており、好みによって使い分けをするのをおすすめいたします。
しかしカーテンの場合種類が多いので、デメリットを改善されているカーテンもあり、このメリットデメリットは必ずしも付きまとうものではないです。
理想のカーテンを選ぶのもまた楽しみとなっています。
ネット上でもたくさんの通販サイトでカーテンは取り扱いされていますので、模様替えをお考えの場合は隙間時間に探してみるのをおすすめいたします。
どこの家庭でもあるものだからこそ、ピンからキリまで、用途にあわせて多彩な種類があるものとなっています。
安価なものもありますので、複数枚購入、インテリアを変えるごとに気軽に変える雑貨の一つとしても扱えるのも一つの良さとなっています。
またショップコンセプトによっては非日常空間を味わえるようなデザインもあるのがカーテン、閉塞感を感じるならいっそそれを全面にだしてオシャレにしていく!そんな考えでカーテンえらびをするのも醍醐味です。

カーテンのお手入れは簡単だった!?

カーテンのお手入れ

あれだけ大きな布の場合、お手入れが大変なのでは?と感じてしまうカーテン……余りに特大サイズの場合は大きな洗濯機が必要かもしれませんが、基本的に家庭用の洗濯機で十分洗濯可能となっています。
特にばらけない方法として端っこを縛っておくなどをしておくと効果的、洗濯機の 中で複雑に絡みあわずにしっかりと汚れを落とすことができます。
今までカーテンのお手入れがわからず放置してしまっていた人、洗濯をしてみると見違えるように部屋が明るくなるので是非お試し下さい。
カーテンはそのサイズから考えると非常にお手入れ簡単、他の窓際インテリアであるロールスクリーン、ブラインドを考えるとダントツで簡単お手入れが叶います。
大掃除の時も洗濯機に任せきりにできてしまう、そんな簡単仕様となっています。
しかしあのサイズ、干すときにかなり場所をとるイメージしかなく、狭いベランダに干せるの……?という疑問が出ます。
しかしそれも心配無用で、洗濯して脱水してしまえばあとは湿ったままもとの位置にぶら下げるだけで解決です。
けして物干し竿を使う必要はなく、そのままかけるだけで乾燥可能、また同時に室内の乾燥防止もしてくれるので一石二鳥となっています。
カーテンを購入したものの結局お手入れ方法がわからない、そのため今まであまりメンテナンスをしてこなかった人は是非この方法でメンテナンスをおすすめいたします。
目立たないだけでカーテンは汚れているもの、買ったときに比べてなんだか色がくすんでいるような……?そんな印象をうけている方も多いです。
特にレースカーテンはキナリかオフホワイトか定かではない、そんな人も多いもので愛煙家がいる家庭だと尚更です。
これら汚れは家庭用洗濯機ですぐに解決、洗濯後は他の洗濯物を邪魔することなく定位置に戻すだけなので、気軽にお手入れをおすすめいたします。
ダニやハウスダストのアレルギーを抱えている方にもカーテンはおすすめされていますが、その理由がこのメンテナンスのしやすさからくるものとなっています。
特にすぐに色々なものを汚してしまいがちな小さなお子様がいる家庭にもおすすめ、柄もお子様むけの柄もあり、その空間での育児は非常に楽しいものとなります。

カーテンに備わっている機能美とは

カーテンの機能美

カーテンは窓際のインテリアとしてよく重宝されていますが、もちろんそれだけではなく選んだカーテンによってはさまざまな機能があります。

遮光性

遮光性はカーテンを購入するときに多くの方が選んでいるものです。
遮光性が高いものの場合カーテンを締めきってしまえば完全に室内は真っ暗になるほど、また調光用であり目隠しの役割も果たしてくれるレースカーテンと併用することでよりインテリアとしても洗練されます。
遮光性と調光、両方ともしっかり備わっているカーテン、これらの機能はどの家庭でもまずデフォルトで取り入れているところが多いものです。

遮音性

生活音など世の中にはさまざまな音があるもの、またこれらがきになってしまったり、神経質な人にとって少々ストレスになる場合もあります。
そんなときは遮音性のあるカーテンを選ぶことで解決しやすくなっており、騒音をシャットアウトできます。
いまテレワークをしている人もいるので防音や遮音を必要としている人は多いもの、そのためこの機能も取り入れられることがふえています。
突然防音室を作るのはハードルが非常に高いですが、カーテンをもちいた簡易的な方法での遮音対策をしている人も多いです。

断熱

夏場や冬場、必要な熱を室内に留めたり、また暑い外気温をカーテンで遮断してクーラーの効きをよくする効果などが期待できます。
同時にUVカットコーティングが施されている場合、より夏場に重宝する、そんなカーテンとして利用しやすいです。

これらは一つだけではなく、複数のこうした加工を持ち合わせているカーテンもありますので、カーテンを利用する環境にあわせて購入をおすすめいたします。
あらゆる機能美があるカーテンの場合値段が高くなる、そんなイメージもありますがショップによっては他の経費を削減して値下げを行っているところも多くなっており、その分安く購入できる店舗があるのでそうしたショップを狙うのもおすすめです。

カーテンは外と家の境目にあるもの、そのためあらゆる加工を施されているものを購入するとより住みやすい居住環境を作ることができます。
カーテン一つで変わる環境もありますので、いま何か不満がある場合、カーテン選びにこだわって、遮音や断熱の加工を施されているものを購入してみるのをおすすめいたします。

カーテンにこだわってインテリアをより華やかに!

カーテンへのこだわり

カーテンは選び方が悪いと部屋に閉塞感がでてしまう場合もありますが、それだけ主張の強いカーテン、こだわりのモチーフを取り入れることでなりたいお部屋のインテリアを簡単に実現できてしまうこともあるのです。
カーテンはショップによってあらゆるコンセプトがあるもの、色柄、モチーフなどたくさんの種類があります。
そしてカーテンはさりげないインテリアのように使われていることもありますが、やはり目立つものなので、それを利用して敢えてインテリアのメインに持ってくることも可能、いつもの居住空間の雰囲気が一気に変わります。
シンプルでカラーバリエーションが豊富なシリーズもあれば、柄にこだわったショップも、そしてしっかりモチーフを決めてそのために豪華な装飾などもつけているものもあります。
見れば見る程に沢山の種類があるので、その中から自分が作りたいインテリアにぴったりなものを選んでいただけるようになっています。
ロールスクリーン、ブラインドにある良さもありますが、カーテンはとても使い勝手のいい窓際のインテリアです。
心機一転したいときなどにも特におすすめ、引越しの際などの新しいカーテン選びは新鮮な気持ちにしてくれます。